記事一覧

2014講座案内

 【講座2】子どもと生きるにじいろ家族 ※「にじいろかぞく」代表・小野春が都合で登壇できなくなったため、  当初の「レズビアン家族」から「にじいろ家族」に広げてお話します。❤講師アオヤママユ、コウ  (ともに「にじいろかぞく」メンバー)❤講座内容  「LGBTとして生きるなら、こどもはもてない」というのは、もはや過去の話。こどもと共に生きる/生きたいLGBTとそのアライによる団体「にじいろかぞく」メンバーの中か...

続きを読む

2014講座案内

 【講座3】 鎌倉L文学散歩 ◇講師  山賀沙耶◇講師紹介  フリーランス編集ライター。北海道大学文学部卒。在学中に近代日本文学、ジェンダー・セクシュアリティ論を学ぶ。卒業論文は『吉屋信子研究』。現在は、シニア世代の性的少数者へのインタビューに取り組んでいる。◇講座内容    近代のさまざまな女性文学者とゆかりのある地、鎌倉。毎年春と秋にだけ一般公開される『吉屋信子記念館』を中心に、鎌倉の女性文学者ゆ...

続きを読む

2014講座案内

【講座4】再出発のための自分史2014  ♤ 講師/沢部ひとみ♠ 講師紹介パフスクール代表。『百合子、ダスヴィダーニヤ 湯浅芳子の青春』(1990)を代表作とする人物ノンフィクションを書いてきた。「再出発のための自分史」には対話重視のコミュニケーション、アサーティブの知識とスキルを生かしている。 ♠ 講座内容人生には、ふと立ち止まってしまう節目の時があります。自分は何をしてきたのか? これからどうしたらいいのか...

続きを読む

2014講座案内

【講座1】自分らしさを失わずに働き続けるために  好評のうちに終了しました。感想は☟●講師/高山直子●講師紹介   NPO法人サポートハウスじょむカウンセラー、大学のハラスメント専門相談員、労働情報相談センター心の健康相談員。米国で女性学とカウンセリング学の修士取得。著書に『働く人のための「読む」カウンセリング』。●講座内容評価に縛られ自分らしさを見失い生き辛さを感じる職場で、自尊感情を維持しながらサバイ...

続きを読む

講座1「自分らしさを失わずに働き続けるために」受講生アンケートから

満足度  a満足15  bどちらとも言えない1・こんな自分でもいいのかなと少し思えるようになった。(30代)・知らない人ばかりで最初は不安でしたが、ワークショップを通じて、自分は尊重されていると感じることができました。記憶の片隅にでも今日の経験が残っていればと思います。(30代)・よし、この路線で良いんだと自己肯定できました。(30代)・自分の短所を少しでも良いところに変えられそうな感じになりました。(20代)・予想...

続きを読む

2014パフスクール講座案内

パフスクーは性的マイノリティのQOL(生活の質)向上を目標としています。2014年は、「働く」「つながる」「生きる」をテーマに、主に女性がエネルギーを交歓できる4つの講座を用意しました。【講座1】自分らしさを失わずに働き続けるために  高山直子(サポートハウスじょむ)【講座2】子どもと生きるレズビアン家族       小野春・アオヤママユ(にじいろかぞく)【講座3】鎌倉L文学散歩                山賀...

続きを読む

プロフィール

pafschoolstaff

Author:pafschoolstaff
パフスクールへのお問い合わせは、pafschoolmail★yahoo.co.jp まで(★を@に変えてください)

月別アーカイブ

ブログ内検索