記事一覧

アカー主催「コミュニティ・メモリアル・サービス2007」

9月最後の雨の日曜日は、アカー主催のコミュニティ・メモリアル・サービス2007「友だちが遺した“生"の風景」に出席してきた。

この催しは年に一度、仲間や友人を追悼する場で、一昨年から始まった。3年目の今年は2001年に44歳で亡くなったノンフィクション作家、井田真木子さんの特別追悼式だった。井田さんはアカーとは縁の深い作家だ。彼女の『同性愛者たち』(文藝春秋1994)は府中青年の家裁判を闘ったアカー創設当時のメンバー7人を追った労作である。

会場は牛込柳町の経王寺。傘立てに傘をさし、本堂に上がる。室内はお線香の匂いがたきこめられていた。第一部では、祭壇の前に下げられた大きなスクリーンに井田さんの写真やビデオが映し出され、進行係のナレーションで会はしめやかに進められた。

第二部では、コミュニティの活動家、アカーのメンバーの家族、活動を支えてくれた関係者16人の名前が紹介された。16人のうち、30代で亡くなった人が6人もいたのが痛々しい。息子を亡くした母親が、生前の息子の歌声が録音されたテープを聞いた喜びを語り、「LGBTIの家族と友だちをつなぐ会」で活動を始めた父親が「とにかく生きていてほしい」と話したときには胸がふるえた。

第三部はお坊さんについて「妙法蓮華経観世音菩薩普門品 第二十五」を読む。お坊さんの説教によれば「このお経は観音様を信じなさい、と言っているのではなく、あなたも観音様のような知恵と慈しみの心を持ち、暗い心に光をともし、世間を明るく照らすようになりなさいと教えているのです」という。ありがたい教えだ。

死をていねいに扱えるのは、その集団が成熟しているからだろう。
楽しいこと、嬉しいことには人は集まるが、悲しみや苦しみは避けがちだ。それだけ人生は苦の連続ということだろうが、こんなふうにときどき生老病死をていねいに扱ってあげることで、それらに対する恐れがなだめられるような気がする。家族からも冠婚葬祭のような儀式からも無関係に生きている者にとって、こういう機会は貴重である。

親睦会でもわたしはパフスクールのチラシを何人かに手渡した。
好きな人と一緒にいたい。死んでもていねいに葬られたい。自分の本当に学びたいことを学びたい。一人の人間として大切にされたい。幸せになりたい。これらすべての要求はいつだって正当なものだ。縮こまっていると、そんな当たり前のことさえ忘れそうになる。

さて、明日からはいよいよ10月。
パフスクール第2期の申し込みはもうお済みですか?
詳しくは下のパフスクールHPをご覧ください。
http://www.tunascompany.com/pafschool/



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pafschoolstaff

Author:pafschoolstaff
パフスクールへのお問い合わせは、pafschoolmail★yahoo.co.jp まで(★を@に変えてください)

月別アーカイブ

ブログ内検索