記事一覧

2011年パフスクールの最終講座です

【はじめに】
3月11日の東北大震災・福島原発事故から7か月。秋もすっかり深まってきました。
今年最後の講座は精神科カウンセラーの金城理枝さんをお招きし、女性のセクシュア
リティの揺らぎを中心にお話しいただく予定です。自分自身や身近な人の性指向や
性的違和感にとまどっている女性にぜひ聴いていただきたい内容です。生きる勇気を
シェアしましょう。

受講料はアストレアレズビアン財団の助成を受け、少し安くなりました。
早めにお申し込みください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

講座タイトル「性的違和と社会適応」

●講師  金城理枝さん(精神科カウンセラー)
1990年より約10年間、米国留学。大学では文化人類学、大学院ではカウンセリング心理学を
学ぶ。帰国後、精神科病院勤務を経て、現在カウンセリング・オフィス勤務。趣味は音楽(バイオリン)。

●講座内容
近年、欧米の心理学会では、これまでのようにセクシュアル・マイノリティの性指向や性的違和感を
問題視し、性急に解決しようとするのを止め、どうしたら当事者が自分の可能性を生かし、社会に
適応できるかをさぐる方向へと変わってきています。性指向や性的違和への揺らぎの中で、自分に
とっていちばん大切なものとは何か? レズビアンとFtMの違いとは何か? などについて考えます。

●日程 2011.12.10(土) 18:30-20:30
●定員 30名(最少開講人数10名) ※女性とFtMを対象とします。
●会場 パフスペース(東京メトロ東西線早稲田駅徒歩5分)
●受講料 事前振込1500円 当日支払2000円  (アストレアレズビアン財団助成)
●申込受付期間 11月1日~12月3日(定員に達し次第、申し込みを締め切ります)        
●申込フォーム https://ssl.form-mailer.jp/fms/b6e380f2145107

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pafschoolstaff

Author:pafschoolstaff
パフスクールへのお問い合わせは、pafschoolmail★yahoo.co.jp まで(★を@に変えてください)

月別アーカイブ

ブログ内検索