記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミナ汰さんから、とれたて感想が届きました!

血の通った「女を愛する女たち」の歴史  ミナ汰

日本のレズビアンの近代史と現代史に名を残す何人かの代表的人物を取り上げ、その生き様を追う沢部講座では、100年以上前に遡って「女同士の色恋とその行方」をていねいに掘り起こして行った。特に印象的だったのは、世間の重圧や糾弾に合い、どちらかが社会的に生き残ろうとするとき、「その愛」により強く執着するほうがバッサリと切り捨てられ、犠牲にされて行く姿である。一方の当事者が同性愛を否認して、異性愛者として生き残って行く様は、延々と続いてきた同性愛者差別の残酷さを解く鍵となろう。言い換えれば、我々のサバイバルは、自己肯定にとどまらず、いかに心を通わせ互いを肯定できるかにかかっている。そんなことが実感できた講座だった。
参加メンバーも実に様々で、生き生きとした交流の場に毎回次週が楽しみだった。仕事と重なり全日程出席でなかったのが残念。内容が濃いだけに、授業が始まる前に、前回の参加者の感想が聴ければなお良かったと思う。自分にとって、今を生きる我々との繋がりや断絶を考える貴重な機会を作って下さった皆さんに感謝!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pafschoolstaff

Author:pafschoolstaff
パフスクールへのお問い合わせは、pafschoolmail★yahoo.co.jp まで(★を@に変えてください)

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。