記事一覧

パフスクール通信 2016.6.2号

☆★☆★☆★☆  パフスクール通信 2016.6.2号  ☆★☆★☆★☆
このメールは、これまでパフスクールの講座・講演会を受講された方と
  メールマガジンの配信を希望された方にお送りしています。

-------------------------------------------------------------------
  「Call me Kuchu(コール・ミー・クチュ)」上映会へのお誘い
-------------------------------------------------------------------

いまだ同性愛差別の激しい、アフリカ中部のウガンダ共和国。本作品は、
その地のLGBT人権活動家たちの生き方を描いたドキュメンタリー映画です。

同性愛差別なんて、自分には関係ない。自分には愛し合ってる人もいるし、
カミングアウトした友だち(あるいは家族)にも受け入れられてるし、仕事
も暮らしもまあまあエンジョイできてるし……という方もいるかも知れま
せん。また、こんなにLGBTが追い風に乗ってる時代なんだし、波風立たせ
ることを嫌う国で、与党は「カミングアウトしなくてもいい社会」を目指
すと言っているんだし、わざわざ「同性愛差別」と目くじら立てなくても
いいんじゃないの? という方もいるかも知れません。

「この映画は怖そうだから観たくない」と言う人もいます。確かに「怖い」
映画かも知れません。でも、この映画は、わたしたちも同性愛差別と隣り
合わせにいること、しかもそれは、専門家や活動家に任せておけばいい問
題ではないことを実感させてくれる映画です。ウガンダで「同性愛は神の
前に不道徳」という言葉が、この国では「同性愛なんて世間体が悪い」と
いう言葉になっているだけです。つまり、これは遠い国の話ではありません。
この国でも公に知られていないだけで、すでに始まっている話なのです。

未知のものへの恐れから始まる差別は、いつでもどこでもくり返されて
来ました。女であること、在日コリアンであること、片親家庭の子どもで
あること、貧乏であること、障がい者であること、高齢者であること……
性的マイノリティは、性的指向(Sexual Orientation)や性自認(Gender
Identity)が異性愛者とは違うことから、いじめを受けたり、生活の不自
由を強いられたりしています。「世間体」のために原因が公表されない
だけで、多くのLGBTが自殺をしています。

現にそういう実態がある以上、そこでは差別=一人の人間として生きる
権利が奪われているわけです。この現実を自分自身の問題として感じ取
れるかどうかで、LGBTの問題が人権問題であるという認識に通じるのだ
と思います。そして、この認識をアライを含む多くの人たちが実感レベ
ルで共有していくことが、この国でLGBTが自由に生きられる時代の始ま
りになるのではないでしょうか。

上映後には、この映画の翻訳者の一人でLGBT人権活動家の遠藤まめたさん
と映画についての質問や感想の交換をします。この時間は、わたしたちを
取り巻くホモフォビアについての恐怖やその解決のヒントを得る時間にも
なるでしょう。なかなか見られない映画です。ぜひお見逃しなく!(沢部)

◆日時: 2016年6月19日(日)13:30-16:30(13:10開場)
◆会場: 東京ウィメンズプラザ 視聴覚室
◆申し込み: http://www.kokuchpro.com/event/pafschool20160619/

-------------------------------------------------------------------
            7月の講座案内
-------------------------------------------------------------------

日本Lばなし ~日本のレズビアンの過去、現在、未来をつなぐ~

◆第十話「私たちが”場作り”にかかわった理由
      ~1980年代から現在までの東京Lコミュニティ~」

◆内容:
いつの時代にも、私たちに必要なのは同じ夢を持つ仲間です。1980年代、
1990年代、2000年代、そして現在。それぞれの時代に、東京で”場作り”
にかかわってきた3人とともに、仲間とつながるための”場”の大切さに
ついて考えます。

◆ゲスト:
若林苗子さん(『れ組スタジオ・東京』スタッフ)
大江千束さん(『LOUD』代表)
鳩貝啓美さん(『レインボーコミュニティ coLLabo』代表理事)

◆日時: 2016年7月17日(日)13:30-16:30(13:10開場)
◆申し込み先:http://www.kokuchpro.com/event/pafschool20160717/
◆問い合わせ: LnoRekishi@gmail.com

--------------------------------------------------------------------------
▼次回発行は 2016 年7月上旬の予定です。
-----------------------------------------
▼パフスクール・メールマガジンの配信停止はこちらから
http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/MLC/node/MlcJoinListOrderFront/

または、件名に「メルマガ配信停止」と書いて、パフスクール事務局までご連絡ください。
-----------------------------------------
▼パフスクール事務局
E-mail : pafschoolmail@yahoo.co.jp
URL : http://pafschool.blog118.fc2.com/
-----------------------------------------
スポンサーサイト

プロフィール

pafschoolstaff

Author:pafschoolstaff
パフスクールへのお問い合わせは、pafschoolmail★yahoo.co.jp まで(★を@に変えてください)

月別アーカイブ

ブログ内検索