記事一覧

パフスクール通信 2016.11.3号

☆★☆★☆★☆  パフスクール通信 2016.11.3号  ☆★☆★☆★☆
このメールは、これまでパフスクールの講座・講演会を受講された方と
メールマガジンの配信を希望された方にお送りしています。

-----------------------------------------------------------------------------------
 2016年の晩秋はこの2講座で決めませんか?
-----------------------------------------------------------------------------------

 11月と12月のパフスクール講座は「性的マイノリティへの差別・偏見と向き合い、一歩前へ」。
このタイトルは「日本Lばなし」のノリにはなかった直球タイプのネーミングで、若いスタッフ
から「固い」だの「deep過ぎる」だのと不評を買った。読者の中にも、同様な感想を持った人が
いたかも知れない。そこで今年の最後に、この2講座をお送りする意図をお伝えしたいと思う。

 この講座はパフスクール開講10年目にして初めて、異性愛社会めがけて投げる綱(つな)である。
綱を受け取ってほしいのは、自らのセクシュアリティ(性的指向や性自認=SOGI)を受け入れ
られずにいる人たちとそれを自分のこととして理解しようとしている人たちだ。

「LGBTは20人に1人はいる」「いや13人に1人だ」と言われる。正確な人口さえわからないのが
性的マイノリティの置かれた現状である。この現状は、日本社会がどれほど異性愛規範に支配されて
いるか、それをはみ出すことがいかに難しいか、仮に自分が異性愛規範から外れると認めたとしても、
隠し通して生きる方を選ぶ人たちがどれほど多いかを意味している。
 性的マイノリティのカミングアウトは、外見だけではわかりにくい病気や出自、国籍や民族の問題
に通ずる難しさがある。しかも「性」をいかがわしく恥ずべきものとするこの社会では、セクシュ
アリティ故の差別・偏見は表沙汰にしにくい空気がある。いまだに日本の男女平等ランキングが、
144ヶ国中111位に留まっている理由も、この国の男女のジェンダー規範(これもセクシュアリティの
主要な中身)が大きく働いているはずだ。

 差別・偏見は人の心をちぢませる。身近な人間に何度も「気持ち悪い」と言われたら、自分まで
自分を「気持ち悪い」と思い込むようになる。この内面化こそ罪である。だれが好きで、何が嫌で、
本当はどうしたいか……自分の正直な感情や考えさえ口にできなくなった結果、自ら感じ、思うこと
さえできなくなる。つまり自分が一人の人間だと思えなくなるのだから。
 コミュニケーションが苦手で人間関係がつづかない、だからいつも孤独……というループに入り
込まずに生きていくためには今、何が必要か? この秋のパフスクールはその道を探ろうとしている。

 11月20日に来てくれる中川重徳さんは1990年(今から26年も前に!)に東京都教育委員会が同性愛者の
団体に「府中青年の家」の宿泊利用を(同性愛者は性のモラルが低いからと)不許可にした事件で、東京
都を相手に闘って勝訴を勝ち取った、バリバリのアライで生粋の人権派の弁護士さんだし、大江千束さん
もかれこれ30年近く、LとBのためのLOUDを運営しながら、性的マイノリティの相談業務をつづけ、
性的マイノリティがどんな差別や偏見を受けているかにとても詳しいレズビアン・アクティビストだ。
 二人は性的マイノリティが直面している現実と、その生きづらさ=偏見や差別がどういうしくみから
生まれているかを具体的に示してくれるだろう。
 そして12月18日の講座では、自他尊重のアサーティブ・コミュニケーションの第一人者、森田汐生さん
(NPO法人アサーティブジャパン代表理事)から、学校や職場でふられる「ホモネタ」「恋愛・結婚」
話、家族や友だちのホモフォビックな会話にどう対応していくかをワークで学ぶことにしている。
 
 講座の参加者には、自分の身近な友人、隣人を理解したいという思いから申し込んでくれた人たちも
ずいぶんいる。彼らにもこの機会に「綱」を受け取ってもらい、一人ひとり多少の違いはあっても、
誰もが安心してありのままに生きられるネットワークづくりの一歩となる時間にしていきたい。
 友だちや家族を誘っての参加も大歓迎! 2016年の晩秋はこの2講座でばっちり決めて、新しい年に
備えませんか? まだ余席があります。みなさんの参加をお待ちしています!! (沢部)

http://pafschool.blog118.fc2.com/blog-entry-170.html

------------------------------------------------------------------------------------------
★★ information ★★
------------------------------------------------------------------------------------------

★「再出発のための自分史2016後期」のメンバー募集中。定員まであと2人足りません。締切は11月6日。
ここを逃すと次回開講は来春です。希望者はお急ぎください。
http://pafschool.blog118.fc2.com/blog-entry-171.html

★パフスクールのパンフレットできました! 
デザインはパフスクールの産みの親の1人、イトー・ターリさん。パフスクール
の理念・歩み・これまでの
講座一覧などを書き込んだ内容充実のパンフです。スタッフで力を合わせ、ていねいに一生懸命作りました。
講座に参加された時、お渡ししますが、配布にご協力いただける方は、あらかじめ部数を事務局まで
お知らせくだされば当日用意します。またご住所をお知らせくだされば郵送します。
ご協力をよろしくお願いします。

-----------------------------------------------------------------------------
▼次回発行は2016年12月上旬の予定です。
-----------------------------------------
▼パフスクール・メールマガジンの配信停止はこちらから
  http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/MLC/node/MlcJoinListOrderFront/
 または、件名に「メルマガ配信停止」と書いて、パフスクール事務局までご連絡ください。
-----------------------------------------
▼パフスクール事務局
E-mail: pafschoolmail@yahoo.co.jp
URL: http://pafschool.blog118.fc2.com/
-----------------------------------------
スポンサーサイト

プロフィール

pafschoolstaff

Author:pafschoolstaff
パフスクールへのお問い合わせは、pafschoolmail★yahoo.co.jp まで(★を@に変えてください)

月別アーカイブ

ブログ内検索