記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パフスクール通信 2016.12.11号

☆★☆★☆★☆  パフスクール通信 2016.12.11号  ☆★☆★☆★☆
このメールは、これまでパフスクールの講座・講演会を受講された方と
  メールマガジンの配信を希望された方にお送りしています。

------------------------------------------------------------------------------- 
 ワークショップ「職場の差別発言・身近な偏見にどう向き合う?」一週間後に迫る!
------------------------------------------------------------------------------- 

今年も残すところ、あと20日。みなさんにとって2016年はどんな年となりそうですか?
さて、今年最後のパフスクールは、ワークショップ「職場の差別発言・身近な偏見に
どう向き合う? ~無力にならないためのコミュニケーション実践講座~」。
NPO法人アサーティブジャパンの代表・森田 汐生さんをお迎えして開講します。
http://pafschool.blog118.fc2.com/blog-entry-170.html

性的マイノリティにとって、多様性が認められる社会とは、多くのプラス面もある一方、
違いがより鮮明になり、対立が表面化しやすい社会です。これまで、あえて自己主張を
避けて来た人達も、そうした社会の中で生まれる葛藤や差別と、否応なく向き合わざる
を得なくなることもあるでしょう。外圧にくじけず生き抜くには内側の力が必要です。

先月の勉強会「性的マイノリティへの差別・偏見の現状とその構造について」の学びに
基づき、では現実の場面にどう向き合うか? 今月はコミュニケーションの専門家から、
実践的な知恵と勇気を学んでいきます。アサーティブは、 かつてひどい差別に苦しんだ
黒人公民権運動や女性解放運動、そしてLGBTの人権運動を支えたコミュニケーションの
スキルとマインドです。アライの方々と一緒に差別や偏見への対策を身につけましょう。
(参加ご希望の方、わずかながら余席があります。上記アドレスからお申し込みください)

------------------------------------------------------------------------------- 
2016年 パフスクール活動 ふりかえり
------------------------------------------------------------------------------- 

12月18日のワークショップの後、パフスクールは春までお休みに入ります。
今月号は11月26日にパルシステム東京で行った中間報告会で、3人のスタッフが作って
くれた報告にそって、今年の活動をふり返りましょう。毎月実施したイベントや講座は、
平日の夜、仕事の後のミーティングと当日の役割分担、ゲストとの交渉など、スタッフ
が力を合わせて、地道にていねいに一つ一つをなしとげて来れたからと思います。
みなさん、さまざまなイベント・講座へのご参加、ありがとうございました! 
来年もどうぞよろしくお願いいたします。(沢 部)

5月 日本Lばなし第9話 「東京レインボーウィーク」協賛企画の一つとして開催。
1999年に『先生のレズビアン宣言 つながるためのカムアウト』を刊行したクミコさん
に「カミングアウトを決意するまで」と、「その後」を伺いました。 職場でのカミング
アウトに未だつきまとう難しさについて参加者と考えました。(山下)

6月 Call me Kuchu上映会 映画はアフリカのウガンダで、LGBTへの差別法案に対して
闘ったアクティビストたちの記録です。講師の遠藤まめたさんと世界のLGBTの人権状況
について考えました。開催の1週間前にアメリカのオーランドでヘイトクライムによる
多数の死傷者出る悲劇が起こり、哀悼の時間となりました。(山下)

7月 日本Lばなし第10話 東京の代表的なレズビアンコミュニティの運営者3人が
集まり、「場づくり」というテーマで、それぞれの個人史も交えてお話し頂きました。
ゲストの3人は、80年代から活動している方から、90年代、2000年代に活動を
始めたコミュニティの方もいて、まさに日本のLの歴史を感じられる回でした。(あきこ)

8月 アサーティブ・トレーニング講座 一般的なアサーティブ講座は、異性愛バージョ
ンの事例が多いため、今回はセクマイ女性が実生活で経験するカミングアウトや、同性
パートナーとの場面などを取り入れて行いました。2日間同じメンバーで基本を学び、
意見交換やロールプレイをくり 返し、仲間や自分の変化を喜び、自信に繋がりました。
(はるか)

10月 鎌倉L文学散歩リターンズ  作家吉屋信子さんの『吉屋信子記念館』で、女性
同士の親密な関係を書いた作品や時代背景、吉屋信子のパートナー、門馬千代との暮ら
しなどのレクチャーを行いました。その後は尼寺で有名な東慶寺で、同じくレズビアン
の文学者である湯浅芳子さんのお墓まいりの後、座禅会を実施。おしゃべりとハイキン
グも楽しみ、盛りだくさんの一日でした。(はるか)

11月 勉強会「性的マイノリティへの差別・偏見の現状とその構造について学ぶ」
パフスクールとしては初めてアライ向けに行われた講座で、いつもと参加者の顔ぶれも
異なりました。ゲストは「府中青年の家」裁判で勝訴を勝ち取った、弁護士の中川重徳
さんとLOUDを運営する レズビアン・アクティビストの大江千束さん 。最初にアライ
初心者の方のために性的マイノリティについての基礎知識を説明してから、お二人の
お話を個人史も交えてうかがいました。会場から出た、同性婚や法整備、学校教育など、
当事者やアライの方々の思いが交差する多くの質問に次々と答えていただきました。
アンケート回答者26人中25人が満足という結果が示す通り、とても密度の濃い時間でした。
「アライという協力者がみんなにわかるように、○○リボンが欲しいです。学校の先生
方にもつけて欲しいです」という提案も参加者の方から飛び出して、会場の方みんなが
「いいね」と言っていたのが印象的です。(あきこ)

------------------------------------------------------------------------ -----
▼次回発行は2017年1月上旬の予定です。
-----------------------------------------
▼パフスクール・メールマガジンの配信停止はこちらから
  http://www.freeml.com/ep.umzx/grid/MLC/node/MlcJoinListOrderFront/
 または、件名に「メルマガ配信停止」と書いて、パフスクール事務局までご連絡ください。
-----------------------------------------
▼パフスクール事務局
E-mail: pafschoolmail@yahoo.co.jp
URL: http://pafschool.blog118.fc2.com/
-----------------------------------------
スポンサーサイト

プロフィール

pafschoolstaff

Author:pafschoolstaff
パフスクールへのお問い合わせは、pafschoolmail★yahoo.co.jp まで(★を@に変えてください)

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。